CT-歯科用CT

  • 診査、診断の重要性

    インプラント治療を適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。そこで治療前にCT撮影を行うようにしています。

  • なぜCTが必要なのでしょうか?

    歯科医院でよく行うX線撮影は歯の様子を見たり虫歯の治療をするのにはとても役に立ちます。一方、インプラント治療においては、あごの骨の状態を調べることが重要になります。骨の硬さや形、神経の位置など一人一人異なります。CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や口腔内部の炎症なども事前に調べることができます。

  • CT画像はどのように使われるのですか?

    当院では、CT撮影後、コンピューター上で、SimPlant®(シムプラント)を使用し、リアルな3D画像で、あごの骨の状態を見ながら、診査・診断・治療計画を行います。

    • インプラントを埋入するためにあごの骨量が十分かどうか
    • 歯根の正確な位置の確認
    • 神経の位置の確認

    これらの情報に基づき、適切なインプラント治療を3Dで計画します。

  • 安全性と予知性

    SimPlant®(シムプラント)による、より的確な治療計画と患者さん毎に作成されたSurgiGuide®(サージガイド)を使用した場合、インプラントを治療計画通りの位置によりスムーズに、より精確に埋入することができます。オペ時間の短縮や、予知性の高い治療で危険性や負担を軽減します。当院では、安全性と審美性を第一に考え、シムプラントを活用して、より安心なインプラント治療を行っています。

INFORMATION

亀山インプラントセンター
〒806-0026
福岡県北九州市八幡西区西神原3-29
TEL:093-621-3804
  • 月:9:30~20:00
  • 火:9:30~19:00
  • 水:9:30~20:00
  • 木:9:30~13:00
  • 金:9:30~20:00
  • 土:9:30~17:00
  • 昼休み:13:00~14:30

KAMAYAMA GROUP